Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

除去ガジェに強欲で謙虚な壺は必要か?

強謙発売時からずっと悩んでた除去ガジェにおける強謙の採用の有無とその枚数について。

行き着いた結論は除去ガジェに強謙は不要。

主な理由(あくまで私一個人の見解)

・米版高過ぎ

・自分、もしくは相手にライオウがいるときに使えない

自分の場にライオウがいて発動できないのはそこまで問題ではないが、相手の場にライオウがいて発動できずに積むことが稀にある。
手札に即座にライオウを除去できるカードが無い場合、ガジェットも強謙プレイできないので、大抵は除去罠をセットして相手にターンを譲る事になる。

結果、こちらは1ターンの間、完全に動けずにセットしたカードがライオウを除去するためのもである事も相手に悟られやすい。これは非常に美味しくない状態。
基本的にはライオウを速やかに除去できるが稀にこういう事が起こる。


・除去ガジェがコンボデッキではなく、尚且つ罠デッキであること

強欲謙虚いらないんじゃね?って思った一番の理由がコレ。

基本的に罠カードはその性質上、相手に情報を得られると機能しにくくなるカードで、除去ガジェのようなデッキの枚数の半数近くを罠が占めるデッキで強欲謙虚を使った場合に、罠カードがめくれまくるのは自明の理。
そこでミラフォや奈落なんかがめくれた場合にはそれを手札に加えてもデッキに戻しても相手に情報が筒抜け。美味しくない。というか不味い。
つまり、強欲謙虚は除去ガジェに限らず罠カード自体との相性があまり良くない。

しかし、BF、IFのような罠カードの採用率が高いデッキで強謙が重宝されるのは何故か?


【BF】
・黒い旋風のサーチなど。
カード間のシナジーが非常に高く、デッキとしての柔軟性が高いので状況によって自分を優位に立たせるカードや相手の行動を阻害するカードを手札に呼び込める。

【インフェルニティ】
・コンボによって1キルを狙うデッキなのでキーカードを早く集めることでデッキの回転率をあげる。
コンボデッキでキーカードをサーチする必要があるのは至極当然。


それらに対して除去ガジェはBFに比べて柔軟性は高いとは言えず、インフェルニティのようにコンボのためのキーカードをサーチする必要も無い。

もちろん過去の記事で書いた通り、除去ガジェでの強謙の有用性もありはする。
しかし、メリットとデメリットを比較した場合、私的にはメリットが薄いと感じた。

とりあえず暫くは強謙は採用しない方向で行く考えだが、環境が固まればサイドからのメタカードを引きやすくするために採用したりはするかもしれない。
スポンサーサイト
category
環境・カード考察

ガバ伏せ期到来?

ブラホとかブラロとか騒がれていますが、やはり一番環境に与える影響が大きいのは何といっても"大嵐"の禁止ではないでしょうか。
今まではバックを守るためのカードが無くとも3、4枚伏せるのは相手の様々な行動に対抗できる反面、大嵐を発動されれば一瞬でアドバンテージを失う危険性のあるハイリスクな行動でした。

しかし、新制限により環境は一変。
大嵐を警戒する必要が無くなり、ガバ伏せという行動が安定になってくる。
大嵐の禁止化は遊戯王界に多大な影響をもたらすでしょう。


今後の環境で採用率が上がりそうなカードをいくつかあげてみます。

スターライト・ロード
ブラック・ホール、ブラック・ローズ・ドラゴンの制限緩和の印象は大きいので、それに対する対策として暫くは採用する人も増えそうです。
BFが現役である点、遊星編に再録される事も踏まえても採用率はあがりそうです。
しかし、このカード決まれば強力ですが、腐りやすい上に意識されていると強いカードではないので採用率が増減するかもしれないです。

神の警告
IFの弱体化、弾圧の制限化(同時にサイクロンが準に緩和)
弾圧と比べるのもアレなんですが、他に近いカードも無いのでこっちを採用する人も増えるかと思います。
特に、これから流行りそうなBF、光デュアルに対して召喚誘発効果、優先権の行使、サクリファイスエスケープを封じられるのはデカイ。
ただし、光デュアルのようなハイビート相手にはライコストが若干重い。

我が身を盾に
今回制限復帰したブラック・ホールを初め、モンスターを対象にとった破壊効果なら返り討ちにできます。
また、全体除去や複数枚のカードを破壊できるモンスターに対して発動されたスターライト・ロードを無効に。
総じて、攻め守り共に環境での活躍が期待できそうです。


あとはガバ伏せ環境になればそれのメタとなり得るカードも採用されるわけで。

トラップ・スタン
以前の罠環境でもちょくちょく採用されていました。
お触れと違って罠デッキでも併用可能で、相手の罠にチェーンで無効にしてもいいし、予め発動しておけば今の環境にあるカードで注意しないと行けないのは月の書程度。

伏せを複数枚割れるカード。

ブラック・ローズ・ドラゴン
強力な全体除去効果を持っていますが、妨害が入りやすく3、4枚の伏せがある場合はまず通してもらえないでしょう。故にバックを割るカードとして考えた場合は微妙かも。
前述したトラップ・スタンと合わせれば安心して効果を発動しやすいです。

ドッペル・ゲンガー
少し前にもサイドで見かけましたね。
使うデッキを選ばず、ダメージステップでの発動が可能でスタロも恐くありません。

邪神の大災害
大嵐に性能は見劣りするものの、大嵐が禁止になった事で油断してガバ伏せしている相手には決めやすいかもしれません。

デルタ・クロウ-アンチ・リバース
こちらはBF専用の伏せ除去。
先行で伏せておけば優位に立ちやすく、大嵐禁止化に伴い安心して伏せてくる相手に対してこうかはばつぐんだ!
category
環境・カード考察

とりあえず新制限について思うこと

【禁止】

《レスキューキャット》
最近やらかしすぎちゃった感はあるよね。
万能だっただけに今回の禁止で影響を受けたデッキもかなり多いはず。

《大嵐》
今回の改定で一番納得がいかない。
遊戯王の醍醐味の駆け引きが一つ減った。
黒薔薇だって月書やらなんやらで全体除去までのプロセスで妨害されやすいしガバ伏せが流行るんだろうなぁ。
このカードが禁止になったことで間違いなく環境は変わる。
まぁガジェには少し嬉しいかも。

《洗脳-ブレインコントロール》
死者蘇生やブラックホールが帰ってきたことでパワーカードが増えたことによる禁止かな?
別にあっても無くてもいいかなぁ。

《イレカエル》
制限くらいを予想してたらまさかの禁止w
カエル帝はデッキのエンジンと魔知ロックを失うという手痛い結果となりました。


【制限】

《黒い旋風》
BF弱体化!・・・ってこれだけ!?
クロウ偏の発売も控えてることもあってまだまだBFは現役かな。

《王宮の弾圧》
同時にサイクロンが準制限になったので今後このカードには期待できなさそう。
もともとガジェにピン刺ししてた程度だし個人的にはどうでもいいかな。

《インフェルニティガン》
妥当。

《氷結界の龍 トリシューラ》
妥当。

《死者蘇生》
これは帰ってきて欲しく無かったなぁ…
コンマイは本当好きだね。このカード。
まぁ次期改定では豚箱入りだよね。

《ブラック・ホール》
なんつーか、集めるの大変。


【準制限】

《サイクロン》
永続更に弱くなるかぁ。
いくら嵐禁止だからって準にすることないのに。
次元帝が息してないよ…

《カオス・ソーサラー》
ライロが少し元気になったかな。
まぁライロがトップに立つことはもう無い気がするけど。

《スナイプストーカー》
別に無制限でもよくない?

《おジャマトリオ》
妥当かな?

《魔法の筒》
2枚じゃ採用するか微妙だなぁ。
かといって3枚は強いから準で妥当かな。


【無制限】

《ブラック・ローズ・ドラゴン》
結構騒がれてるけど実際今のエクストラ枠に3枚も積む余裕無いと思う。
全体除去までの間に妨害されやすいし召喚権使っちゃうのも殆どだからそこまで影響は無いのでは?

《ゴブリンゾンビ》
アンデが少し元気になったけどやっぱり馬頭鬼がいないとなぁ。

《サイバードラゴン》
表サイバー完全復活で嬉しいんだけどフォートレス考えると機械族スキーとしては複雑な気分。
偵察者やスノーマンの突破がめんどくさかった光デュアルとかには嬉しい存在。

《黄泉ガエル》
ガエルサンデス復活!!
3枚採用するかと言われると採用しないと思う。

《王宮のお触れ》
罠デッキにとっては厄介な存在だけどサイクロン準だし無制限で丁度良さそう。

《団結の力》
おかえり。


今回の改訂はコナミにしてはかなり思い切った感がありますね。
嵐禁止は無いなぁと思いますが、たまにはこうやって環境を大きく変えてみるのもいいかもしれませんね。

コナミ「クロウ偏と遊星偏をよろしくね☆ミ」


とりあえず暫くはこの辺が流行るかな?
・BF
・儀式天使
・ライロ
・デブリを使った何か
・マシンガジェ

カエルも構築次第ではまだ頑張れるかも。
category
環境・カード考察

Nimble Sunfish/素早いマンボウ 考察

最近、Nimble Sunfishを使ったシーラカンスデッキを使っているのでちょっと書いてみます。
ぶっちゃけ素早いマンボウの考察というよりは、シーラカンスデッキの考察になってます^^;

Nimble Sunfish

Nimble Sunfish
日本語翻訳
効果モンスター
星2/水属性/魚族/攻1000/守 100
このカードが戦闘によって破壊され墓地に送られた時、
自分のデッキから魚族モンスター1体を墓地に送る。
その後、自分のデッキから「Nimble Sunfish」1体を特殊召喚することができる。


海外版のThe Shining Darknessで登場したので、残念ながらEX3には収録されず、日本での登場は来年。

現存する魚族で墓地に送るメリットがあるのは《フィッシュボーグ-ガンナー》のみ。
しかし、自身のレベルが2ということもあって、フィッシュボーグを墓地へ送った後にNimble Sunfishをリクルートすれば即座にフィッシュボーグの特殊召喚条件を満たせる。
また、このカードのステータスや効果も相まってサルベージや貪欲な壺の発動条件を容易に満たすこともできる。

しかし、フィッシュボーグを墓地に送りたいだけならば、《スクリーチ》で事足りる。
このカードが魚族モンスターしか墓地に送れないのに対し、スクリーチは水属性モンスターと範囲が広く、黄泉ガエル等も墓地へ送る事ができる。


このカードを活かしたいならば、魚族である点、フィールドアドバンテージを失わない点を利用したいところ。

このカードは魚族であるため、種族統一サポートである《一族の結束》、魚族専用の万能除去カードの《フィッシャーチャージ》を採用する事ができる。しかし、一族の結束に関してはシーラカンスからのシンクロ召喚を主軸とした戦術とは相性が悪い点に注意。

また、前述した通りフィッシュボーグの特殊召喚条件を即座に満たせるので、リクルートしたNimble Sunfishとフィッシュボーグをリリースしてシーラカンスのアドバンス召喚が狙える。シンクロ召喚のレベル調整が辛くなってしまう《伝説の都 アトランティス》に頼らずともシーラカンスのリリース要員が用意できるのは大きな利点。
勿論、蘇生カードがあるなら直接シーラカンスを墓地へ送ったりと、シーラカンスデッキでは臨機応変な対応が期待できる。

このように専用デッキならば活躍が期待できるカードだが、大きな欠点が1つある。
それは、スクリーチと同じように戦闘破壊によってしか効果を発揮できないリクルーターであるという事。

シーラカンスデッキの場合、1キルに必要な準備を早い段階で行う事が重要となるが、このカードは相手依存なため、最近の除去が飛び交うような環境では思うように効果を発動できない場合が多い。

そのため、シーラカンスデッキの場合は自分から動ける《ジェネクス・ウンディーネ》に大きく劣る。
だが逆に考えれば、ジェネクスウンディーネ以外にもシーラカンスデッキで有用なモンスターが登場したという事になるので、日本での発売が待ち遠しいところである。
category
環境・カード考察

ミストウォームは偉大だった

いろんなサイトを見てるとこんなものを発見しました。

ミストウォーム

-訳-
インフェルニティデッキは1ターンの間に大量のシンクロモンスターを展開しての1ショットキルが主な戦略だよ。
この1ショットキル戦略においてミスト・ウォームはとっても偉大!
召喚に成功すれば相手のカードを3枚までバウンスできて、しかも攻撃力は2500!!
これを使って満足するしかねぇ!



母さん今日も海外は平和です(´▽`)
category
環境・カード考察
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。