スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

初手にガジェットを引く確率

今日は確率のお話。

今私が使ってる除去ガジェのデッキは42枚の6ガジェ型です。
この構築だと基本的に初手にはガジェが1枚または0枚の場合が多いです。
2枚来ることはあまりありません。
ですがもっと安定して初手1枚にしたいんですよね。

ご存知とは思いますが、何故1枚に拘るか説明しておきます。
ガジェットの最大のメリットは何と言っても後続を次々とサーチ出来るの1点に尽きますね。
しかし逆に手札に2枚以上あったり、ドローでガジェットを引いてしまっては効果が発揮出来ず、結果としてディスアドバンテージに繋がるという訳です。


かと言って9ガジェは事故が恐い・・・。
そこで考えたのが7ガジェ型です。

確かどこかで確率で言えば7ガジェ型が安定していると聞いたことがあります。早速調べてみるとwikiにありました。

■40枚デッキにおけるデッキ投入枚数と初手率および期待値
表1
※期待値=平均

手札に被ると本来の力が発揮できないガジェットモンスターの場合、初手に2枚以上存在する確率よりも、初手に1枚だけ存在する確率が重視される。
40枚デッキの場合1枚だけ引く確率が最も高いのが6枚。また、期待値が最も1.00枚に近いのが7枚。よって6枚か7枚が理想的な枚数となる。


■9枚投入カードにおけるデッキ総枚数と初手率および期待値
表2

ガジェットを9枚入れた時、1枚だけ引く確率が最も高くなるのはデッキが54枚の時。この場合は期待値も1.00枚ちょうどとなる。
 ただしこれはあくまでガジェットの初手1枚率から見た値。
 デッキに投入される他の効果モンスター・除去魔法カード・除去罠カードは考慮外のため、単純に54枚の【ガジェット】が強いとは言えない。



ふむふむ。この値を参考にしつつ、他モンスター、魔法、罠の割合を考慮して構築してみますか。
最初でも書いた通り、初手ガジェ1枚が最も最良ではあるんですが、今の環境を考慮すると旋風BF、インフェルニティ対策にサイドに積まれている可能性のある《マインドクラッシュ》、《強烈なはたき落とし》この辺を使用されると辛いですね。
出来るだけガジェを引かない様にしている構築上、一度でも途切れるとなかなかガジェを引く事が出来ず場ががら空きになってしまう恐れが出て来ます。
・・・もうこの辺まで考え始めると卓上論理では無く実際に回してみた方がいいかもしれないですねw

ガジェットはよく動きが単調とか言われますが、その"単調"な流れを作るのには緻密な計算が必要だったりするのです(´ω`)
category
雑記
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/261-5132b3db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。