スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

現環境における弾圧の有用性と採用の有無について

今日も考察と言う名の戯れ言。

今やメタビだけにとどまらずBFにもメインから投入されている王宮の弾圧

非常に強力なカードですよね。私も除去ガジェに採用しています。
最近は除去ガジェもメタガジェもそこまで構築変わらないですからね。

しかし、3月の新制限にて準制限カードになってしまい、今までとはうってかわりなかなか引けなくなりました。
更に今期終盤から強力な永続カードがトーナメントで台頭し始め、それらの対策としてブレイカー、砂塵を始めとする対策カードがメインやサイドに組み込まれることが多くなり、結果として永続が脆い環境になったと言えます。
※CSの上位者のデッキは殆どと言っていい程、砂塵がメインまたはサイドに採用されていました。

これはつまり弾圧に頼った構築では通用しなくなった事を意味します。

勿論、それでも強力なカードには変わりないのでメインに2積みしているデッキは多いです。

・・・そう。
弾圧をメインから2枚採用しているデッキが多いんです。

何が言いたいかと言うと、弾圧がメインから採用しているデッキが多くなった事により、相手のデッキによって弾圧が腐る(特殊召喚をしないデッキと対峙する)というケースが起こりやすくなっているんです。

今こう思った方もいるんじゃないでしょうか?
相手も弾圧を採用してるなら条件は同じだろ。

確かにそうかもしれません。
しかし決闘中に腐るカードを引いた所でディスアドバンテージと大して変わらないと私は思うんですよね。
前日の大会に出たとき、相手も弾圧を採用していてブラフにしかならない試合がありました。

そういった事を踏まえると、野良ならまだしも大会などでは相手も採用しているから条件は同じ。では無く相手より優位な構築が必要になってくると思います。

そもそもメタデッキとは相手のデッキの弱点を突いて優位に立つデッキですからね。

あくまで弾圧が必要ないと言っているのでは無く、メインに2積み安定という考え方がどうかなと言う話です。
なので私としてはサイドからの投入もアリかなと考えています。
実際に第3回ISDCSで2位の旋風BF使用者の方は、メインでは無くサイドに弾圧を2枚採用しています。ミラーマッチ等ではこのメインデッキの2枚のスロット差は大きいと思います。


ただ単に強いからカードを採用する。
デッキ、環境を考慮した上でカードを採用する。

TCGに置いてこの考え方の違いは大きな差になると思います。
category
環境・カード考察
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/263-48b0cb64

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。