スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

マシンナーズデッキがドイツの大会で優勝だとか

ドイツで行われた大会でマシンナーズデッキが優勝したらしいです。
レシピをドウゾ↓

デッキ:マシンナーズガジェット
使用者:Deniz Drötboom

メインデッキ40枚

・モンスター18枚
《スクラップ・リサイクラー》×2
《サイバー・フェニックス》
《マシンナーズ・ギアフレーム》×3
《グリーン・ガジェット》×2
《レッド・ガジェット》×2
《イエロー・ガジェット》×2
《サイバー・ドラゴン》×2
《マシンナーズ・フォートレス》×2
《マシンナーズ・フォース》
《トラゴエディア》

・魔法10枚
《サイクロン》
《大嵐》
《リミッター解除》
《地砕き》×3
《月の書》×2
《収縮》×2

・罠12枚
《神の宣告》
《奈落の落とし穴》×2
《王宮の弾圧》×2
《次元幽閉》×2
《落とし穴》×2
《威嚇する咆哮》2
《スターライト・ロード》

・サイドデッキ15枚
《聖なるあかり》
《ハネワタ》×2
《魔導戦士 ブレイカー》×3
《抹殺の使徒》×2
《レインボー・ライフ》×2
《畳返し》×2
《トラップ・スタン》×2
《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》
《閃光を吸い込むマジック・ミラー》

エクストラは記載されていませんでしたが、スターダストドラゴン、キメラテックフォートレスドラゴンが入っているのは間違いないでしょう。

ぱっと見た感じ普通のマシンガジェ何ですが一部、?と思うカードも。

サイバー・フェニックスはフォートレスを魔法や罠から守るためですかね?
奈落や地砕きは対象を取ら無いので効果は薄そうですが・・・

サイドに関してはあちら側の環境に合わせた構築ですね。
・・・カードプールや環境が違いすぎて思ったより参考にならない^^;

ついでにアメリカで行われたSJCCS(SHONEN JUMP Championship)で参加者が700人以上の中、ベスト16に入った超時空戦闘機のレシピも載せておきます。
ちなみに制限は3月以前なので、ライトロードが猛威を奮っていた時期です。

デッキ:超時空戦闘機
使用者:Alex Mitchell

メインデッキ40枚

・モンスター18枚
《メタモルポット》
《クリッター》
《オネスト》×3
《シャインエンジェル》×2
《ジェイドナイト》×3
《ロードブリティッシュ》×2
《ブルーサンダーT45》×3
《ビクトリー・バイパー XX03》×2
《冥府の使者ゴーズ》

・魔法11枚
《サイクロン》
《大嵐》
《ハリケーン》
《リミッター解除》
《月の書》×2
《エネミーコントローラー》×2
《強制転移》×2
《撲滅の使徒》

・罠11枚
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《激流葬》
《リビングデッドの呼び声》
《神の宣告》
《ダスト・シュート》
《奈落の落とし穴》×2
《王宮の弾圧》×2
《魔宮の賄賂》×2

・サイドデッキ15枚
《霊滅術師 カイクウ》×2
《閃光の追放者》×2
《抹殺の使徒》×2
《ライトニング・ボルテックス》
《次元の裂け目》×2
《次元幽閉》×2
《落とし穴》×2
《砂塵の大竜巻》×2

・エクストラデッキ
無し

超時空戦闘機の基本系に少しのメタを加えたといったところ。
これでライトロード地獄の中ベスト16・・・。
きっとAlex Mitchell氏はとてつもないプレイングのスーパープレイヤーだったに違いない^^;

ちなみにこの大会の優勝者は日本人のアンデライロです。
4位にはXセイバーもおり、日本とは環境が大分違うようですね~。
category
雑記
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/265-0bd2cf08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。