スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

2010年 これからのメタガジェット

DREVの発売でガジェに有用なカードが登場しましたね。
中でも現在採用を考えているのはこの3枚。

・《神の警告
・《強欲で謙虚な壺
・《エフェクト・ヴェーラー

この3枚の登場でメタガジェのメタとしての要素をより強力にできると思います。
1枚ずつ採用を考えている理由を書いて行きます。

《神の警告》
弾圧をサイドに移行してメイン採用を考えています。
その理由としては弾圧の有用性が以前に比べ薄れたからです。
以前にも書きましたが、トーナメントで比較的遭遇しやすいBF、メタビートなどのデッキ相手には弾圧はほぼ死札と化します。
また環境トップを占めるBF、インフェルニティは除去カードが多く採用されています。
加えてこれらのデッキのエンジンである《黒い旋風》、《インフェルニティガン》の対策として砂塵などを積んでるデッキが増えました。
つまりバック(魔法、罠)が非常に割られやすい環境になった事を意味します。

そこで神の警告の登場です。
使い切りなので制圧力は弾圧には劣りますが、上で書いた通り今の環境では永続罠が割られやすいです。
カウンター罠である警告はダメージステップでの発動が可能、チェーンでの妨害がされにくいという利点があります。
弾圧の穴を抜けて特殊召喚してくるBFやゴーズに対し優位に立てるのは大きいですね。
更に警告は弾圧と違い、自身は特殊召喚を制御されないので後述するヴェーラーとの相性も良いです。
通常召喚、反転召喚に対応出来るのも強力。あと何気にスタロもカウンターできたり(これは弾圧もですが)


《強欲で謙虚な壺》
このカードの登場でガジェの安定性が大きく向上したと言えるでしょう。
詳しくは強欲で謙虚な壺の考察ページをご覧下さい。

注意点としては手札に加えるカード、デッキに戻すカードが相手にも分かるという点。
手札にミラフォや激流葬などの制限カードの有無など、情報アドバンテージを相手に与えてしまう恐れがあります。
それを踏まえた上でも強力な事には変わりないので2~3枚は採用の予定。


《エフェクト・ヴェーラー》
今はそれほど脅威ではありませんが《ナチュル・バンブーシュート》への対策として採用しようかと思っています。
他のデッキ以上に魔法、罠への依存度が高いガジェでバンブーの召喚を許してしまった場合対処が困難です。
研究が進む、又はカードプールの増加によりバンブーがガジェの天敵になる可能性は決して低くはないでしょう。

警告が登場した事によりバンブーの召喚を無効にしやすくなりましたが、常に召喚を防げるとは限りません。
そこで、もし召喚されてしまった場合にはヴェーラーでバニラにしてしまいます。

wikiより
Q:《エフェクト・ヴェーラー》の効果によって、このカードの効果が無効になりました。
  この場合、そのターンのエンドフェイズ以降には再び効果が適用されるようになりますか?
A:そのターンのエンドフェイズを過ぎても、このカードの効果が再び適用されることはありません。(10/04/19)


手札からの発動なのでサイバードラゴンやグランモール等で対策するよりも阻害されにくいです。
勿論、バンブー以外にもヴェーラーのターゲットとなるモンスターは多いのでメインに採用しても問題は無いと思います。
また、弾圧ではなく警告を採用している場合ならシンクロ召喚も狙えます。

ガジェ
ヴェーラーカタストルマジカルアンドロイド
ガジェガジェヴェーラートリシューラ


とにかくまずは組んで回してみるところから始めてみます。
category
雑記
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/292-1b50e2a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。