スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

野望のゴーファー 考察

野望のゴーファー

《野望のゴーファー》
効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守 100
1ターンに1度、相手フィールド上に存在する
モンスターを2体まで選択して発動する事ができる。
相手は手札のモンスター1体を見せて
このカードの効果を無効にする事ができる。
見せなかった場合、選択したモンスターを破壊する。


ググってもまともな考察が引っかからなかったので考察してみる。

元ネタは超時空戦闘機シリーズでお馴染みのグラディウスのボスキャラ。

1ターンに1度ノーコストで2体まで相手のモンスターを表示形式を問わず破壊出来る。(「まで」なので1体でも発動可能)
相手がモンスターを所持していた場合は無効にされてしまうが、その場合もビーピングが出来るのでフィールドアドバンテージか情報アドバンテージのどちらかは得られる。
また、破壊するのが未確定なのでスナイプストーカーと同様にスターダストドラゴン、我が身を盾になどで無効に出来ない裁定が下されている。
攻撃力も2400ラインに達しているので戦闘要員としても使える。

召喚時に優先権を行使する事で帝のような感覚で使用できる。
しかし、帝モンスターには同じレベル、属性、種族、攻撃力を持つ邪帝ガイウスが存在する。

ガイウスと比較した場合、効果の発動タイミングがアドバンス召喚時だけでは無いので特殊召喚からも活躍が期待できる。
更に場に長く留めておく事が出来れば、毎ターン効果を使用できるので相手にモンスターの展開を躊躇させる事が出来る。
だがこのカードの除去効果はここぞという場面での信用性に欠ける。加えてガイウスは破壊ではなく除外する上に闇属性モンスターであれば1000ポイントものライフを削れる。
この点でガイウスに比べて大きく見劣りしてしまう。

それでもこのカード自体の性能は決して悪くは無い。
効果の性質上、王家の生け贄などのハンデスカードとの相性が良い。
特にマインドクラッシュとの相性は最高で、手札のモンスター捨てさせた後に効果を発動。または効果を無効化された際に見せられたモンスターを宣言して捨てさせるなど抜群のシナジーを誇る。
他にも魔のデッキ破壊ウイルスで相手の手札のモンスターを削る事で効果を活かせるかもしれない。ゴーファー自身も魔のデッキ破壊ウイルスの媒体として使用できるのも嬉しい。

総じて優秀な上級モンスターではあるが、現環境ではより強力な効果を持ったモンスターが多くいるため地味に見えてしまう。
同じ元ネタを持つ超時空戦闘機に採用するのもまた一興か。

真実の眼発動中に相手が手札のモンスターを公開出来るかは調整中。
もし公開出来ないという裁定が下れば確実にモンスターを除去する事が可能になる。


完全に余談になってしまうが、このカードの元ネタの「グラデュウス」のパロディ作品である「オトメディウス」にはゴーファーの娘であるゴーファー姉妹が登場している。
category
環境・カード考察
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/303-a288268f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。