スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

剣闘獣で大活躍? ハーフ・シャット 考察

ハーフ・シャット

《ハーフ・シャット》
速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターはこのターン戦闘では破壊されず、
攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで半分になる。


戦闘補助と破壊耐性の両方を兼ね備えたカードと言えば聞こえは良いが、戦闘補助として使用した場合、効果対象になったモンスターに破壊耐性を与えてしまうため、収縮と違って戦闘破壊をする事が出来ずにディスアドバンテージに繋がってしまう。
また、自分のモンスターを破壊から守る場合にも1体しか守れず、馬鹿にならない戦闘ダメージを受けてしまうため、和睦の使者に圧倒的に劣る。

モンスターに対して複数回攻撃が可能なキメラテックオーバードラゴンなどと組み合わせて使用すれば相手に致死量のダメージを与える事が出来るが、コンボとしては少々使い辛いか。

このカードが最大限に活かせるのは恐らく剣闘獣ではないだろうか。
奈落の落とし穴からベストロウリィなどを守りつつ戦闘破壊耐性を付与する事が出来る。
速攻魔法という事もあって手札から発動できるので奇襲性も高く、更にダメージステップでの発動が可能で妨害されにくいのは和睦の使者には無い利点。

剣闘獣で採用すれば、どちらの効果も上手く使う事ができるので、収縮や和睦の使者の下位互換にはならない。
次元幽閉等で直接相手のモンスターを除去してしまった方が手っ取り早いかもしれないが、1、2枚刺しておくと面白いかもしれない。


収縮と違って元々の攻撃力の半分にするのではない。
効果解決時の攻撃力を半分にする。
category
環境・カード考察
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/305-5679ea7b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。