スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

我が身を盾に 考察

我が身を盾に

《我が身を盾に》
速攻魔法
1500ライフポイントを払って発動する。
相手が発動した「フィールド上のモンスターを破壊する効果」を持つ
カードの発動を無効にし破壊する。


折角再録されたので考察。
1500とライフコストは高めだが、フィールド上のモンスターを破壊する効果が含まれていれば、魔法、罠、モンスター効果の発動を無効にし破壊出来る。
(裁きの龍などに対しては効果で破壊されるモンスターがいる場合のみ発動可能。)

その効果により汎用性は高く、また速攻魔法であるため一旦伏せずとも手札から発動可能なので奇襲性も高い。
少し前の環境の除去カードの主流はガイウス、ブリューナク、強制脱出装置などの除外やバウンスだったため、"破壊"にしか対応出来ないこのカードの採用率は低かった。
しかし、環境が変化し、BFやインフェルニティが台頭した事により、罠の除去カードの採用率が高くなったと同時にこのカードを活かせる場面は増えたと言える。
特にBFを相手にした場合、カードを伏せたいがエンド前に発動されるゴッドバードアタックに手も足も出ない。という状況も良くある。
そういった状況でこのカードは伏せずとも手札から発動出来るので重宝するだろう。

また、罠カード採用率の上昇に伴いトラップスタン、サイコショッカーも罠メタカードとして働きが期待出来る。
サイコショッカーを採用するデッキの場合、カウンター罠が使いにくいため、このカードでサイコショッカーを守ると良いだろう。

注意点としてスナイプストーカーや野望のゴーファーなど破壊が確定していない効果に対してこのカードを発動する事は出来ない。
category
環境・カード考察
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/317-4e2e5520

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。