スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
RelationEntry

ガバ伏せ期到来?

ブラホとかブラロとか騒がれていますが、やはり一番環境に与える影響が大きいのは何といっても"大嵐"の禁止ではないでしょうか。
今まではバックを守るためのカードが無くとも3、4枚伏せるのは相手の様々な行動に対抗できる反面、大嵐を発動されれば一瞬でアドバンテージを失う危険性のあるハイリスクな行動でした。

しかし、新制限により環境は一変。
大嵐を警戒する必要が無くなり、ガバ伏せという行動が安定になってくる。
大嵐の禁止化は遊戯王界に多大な影響をもたらすでしょう。


今後の環境で採用率が上がりそうなカードをいくつかあげてみます。

スターライト・ロード
ブラック・ホール、ブラック・ローズ・ドラゴンの制限緩和の印象は大きいので、それに対する対策として暫くは採用する人も増えそうです。
BFが現役である点、遊星編に再録される事も踏まえても採用率はあがりそうです。
しかし、このカード決まれば強力ですが、腐りやすい上に意識されていると強いカードではないので採用率が増減するかもしれないです。

神の警告
IFの弱体化、弾圧の制限化(同時にサイクロンが準に緩和)
弾圧と比べるのもアレなんですが、他に近いカードも無いのでこっちを採用する人も増えるかと思います。
特に、これから流行りそうなBF、光デュアルに対して召喚誘発効果、優先権の行使、サクリファイスエスケープを封じられるのはデカイ。
ただし、光デュアルのようなハイビート相手にはライコストが若干重い。

我が身を盾に
今回制限復帰したブラック・ホールを初め、モンスターを対象にとった破壊効果なら返り討ちにできます。
また、全体除去や複数枚のカードを破壊できるモンスターに対して発動されたスターライト・ロードを無効に。
総じて、攻め守り共に環境での活躍が期待できそうです。


あとはガバ伏せ環境になればそれのメタとなり得るカードも採用されるわけで。

トラップ・スタン
以前の罠環境でもちょくちょく採用されていました。
お触れと違って罠デッキでも併用可能で、相手の罠にチェーンで無効にしてもいいし、予め発動しておけば今の環境にあるカードで注意しないと行けないのは月の書程度。

伏せを複数枚割れるカード。

ブラック・ローズ・ドラゴン
強力な全体除去効果を持っていますが、妨害が入りやすく3、4枚の伏せがある場合はまず通してもらえないでしょう。故にバックを割るカードとして考えた場合は微妙かも。
前述したトラップ・スタンと合わせれば安心して効果を発動しやすいです。

ドッペル・ゲンガー
少し前にもサイドで見かけましたね。
使うデッキを選ばず、ダメージステップでの発動が可能でスタロも恐くありません。

邪神の大災害
大嵐に性能は見劣りするものの、大嵐が禁止になった事で油断してガバ伏せしている相手には決めやすいかもしれません。

デルタ・クロウ-アンチ・リバース
こちらはBF専用の伏せ除去。
先行で伏せておけば優位に立ちやすく、大嵐禁止化に伴い安心して伏せてくる相手に対してこうかはばつぐんだ!
category
環境・カード考察
genre
ゲーム
theme
遊戯王OCG
RelationEntry

Comment

死者蘇生の復帰によりリビデ株も上がったような気がします

  • 2010⁄08⁄24(火)
  • 08:13
  • [edit]

確かに汎用蘇生カードが2枚積めるとなれば、ある程度は戦術の軸としてデッキを構築することができそうですね。
  • 2010⁄08⁄25(水)
  • 15:56

Trackback

http://yugioh123.blog91.fc2.com/tb.php/480-cc3c0678

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。